2月に入り、大雪が関東を襲った。一度目は、2月8日。二度目は2月14日。一度目は約半世紀ぶりの大雪だったが、二度目は観測史上最大の大雪となった。1週間経過した今も、山梨県、秩父、佐久、軽井沢などでは、家から出ることが出来なかったり、車が立ち往生していたり、通行止めになっている道路もまだまだ多くある。

 

2月14日の歴史的大雪については、人命にも関わる大変な状況にも関わらず、緊急報道番組が組まれるどころか、通常のニュースにおいても山梨県を始めとしたこれらの地域の情報がなかなか報道されなかった。また政府や行政の動きや対策についても、なかなか状況が明らかにならなかった。非常事態であった今回の大雪にも関わらず、このような状況になってしまった理由には、ご存知の通りソチ五輪開催がリンクしている。

 

■外せなかった五輪
4年に1度の五輪。1984年のロサンゼルス五輪から商業イベント化が進み始めた。現在では、五輪協賛だけで数十社、合計数百億円の協賛金が動くビッグマーケットだ。また五輪における協賛スポンサーは、ただ協賛するだけではなく、テレビCMを作り、オンエアしたり、キャンペーンを行うなど五輪関連の広報宣伝を一気に仕掛ける。その金額を計算すれば、やはり数百億円にのぼる。

 

2月8日に開幕したソチ五輪は24日まで続く。テレビ各局とも、五輪報道に熱が入っている。中継キャスターとして主力アナウンサーを派遣するだけでなく、ジャニーズを始めとするタレントキャスターも多く派遣されている。テレビ局にとっても、4年に1度の一大イベントであり、広告主や広告会社にとっても一大イベントなのだ。

 

だからこそ、通常であれば番組内容を変更して、ニュース特番に切り替えるべき歴史的災害においても、五輪を放映せざるを得なかったのだ。その結果、大雪に関する情報が後手後手になってしまったのだ。

 

確かに五輪は人々に夢と希望を与える素晴らしいイベントだ。しかし、大雪で死ぬか生きるか分からない人がいる中でも優先すべきイベントなのだろうか。答えは言うまでもなくNOだ。