世間を騒がしている「外食メニューの虚偽表示問題」に対して、消費者庁が表示ガイドライン(指針)案を作成したところ、消費者団体がわかりにくいと声をあげているそうですね。

解凍でも「鮮魚」OK? 分かりにくい指針案

 

例としてあげられているのが、牛丼チェーンの「牛鮭定食」。これが「牛サーモントラウト定食」になるのかとありますが、これにとどまらず、その牛肉が、もし牛脂入りの加工肉だったらと想定すると、「牛脂入り成形肉の薄切り・サーモントラウト定食」になるのかもしれません。あくまで想定ですが、極論としてはあり得る話です。もはや何を食べているのかわからないくらい長い名前になりますね。

 

私は管理栄養士であり、食品業界にいるので、今まで安い店などでは、このような成形肉やサーモントラウトと呼ばれるニジマスを代用品として使っていることは知っていました。

 

そのせいか、安い店で「鮭」が売られていても、トラウトかもなとは容易に想定できます。ただ私の場合は、それがニジマスであっても正直構わないというか、そういう店ではそのレベルのものが出るものだとわかって食べます。

 

だから、以前ホテルが虚偽をしていたということを知ったときは、とてもびっくりしました。一流の店であれば、いい食品を仕入れてほしいなとは思います。

 

でもそれ以外に関しては、安いものは安いなりの理由があることを、消費者も知っておくべきなのではと思います。その上で、気になるなら店員に「これは鮭ですか?ニジマスですか?」と聞けばよいのです。