今週開幕の五輪の舞台、ロシアのソチ市長が「ソチにはゲイはいない」って発言をしたそうですね。その発言が物議をかもしてますけど、ゲイがいないなんて国はあるわけないし、すごい偏見で、もういっそ笑いすら浮かんできちゃう発言に驚いてます。

 

人権派の方々も色々と反応していらっしゃるので、今回は私の印象的だったエピソードを一つご紹介しますね。

 

今からもう20年くらい前、メディアではまだ「ニューハーフ」よりも「Mr.レディー」っていう呼び方で呼ばれていた頃ですが、上岡龍太郎さんの『上岡龍太郎がズバリ! Mr.レディー50人』って番組があったんです。

 

私は子供心にそれが大好きで、今でも録画した映像をDVDに保存してありますが、その番組内のある日の1つのコーナーで、「ケニア、マサイ族にもいた!?オカマちゃんを探せ」っていう企画があって、井出らっきょさんと二人のオネエさまがアフリカのケニアまでマサイ族にオネエがいるのか探しにいくっていうものでした。さすがバブル当時のテレビだけあって、コーナー1つにお金かけてますよね(笑)。

 

そのオネエ様のうちの一人が、大好きで私もとってもお世話になってる梅野景子ママなんですが、はじめは自分たちがオネエだって知らせずに村の仕事を一緒にしたり、部族の長老を接待したりして交流を深めてから、オネエだってバラしたんですよね。最初は長老もビックリしてましたけど(笑)、「男を好きな男はいないの?」ってことを聞いたら、長老も、部族の男性もみんな「マサイにはそんな男はいない」って言うんです。