最近、SNSのタイムラインを見ても、友人たちの動向に以前より新鮮さが無くなった気がする。というのは更新する人が少なくなったということ。特にフェイスブックでその傾向は顕著だ。

 

理由として考えられるのは、単純に「飽きた」「疲れた」こんなところだろう。最初のうちは、昔の繋がりが復活したり、近況がシェア出来たりと目新しさ満載だったが、慣れてくれば反応するのが面倒だったり、自分も投稿するのがおっくうになるのだろう。

 

自然と流行の中で登録した人は少なくなり、ただ、周囲のタイムラインを眺めるだけになっている。運営側としては由々しき問題だと思うが、ユーザー側としては正直、それでいいと思う。

 

ツールは、有用性や必要性を感じた人が使うものであって、それを感じなければ、ましてやストレスに感じているのならやめてしまって当然である。楽しくない事をする必要はないのだ。

 

じゃあ、私自身はどうだろう?