2020年の東京五輪開催に向けた建設需要増加が見込まれる中、建設業の人材不足解消のため、外国人労働者の受入れについて規制緩和が検討され始めたようです。

 

外国人労働者、入国緩和 建設人材不足 「単純」解禁も浮上

 

少子高齢化が進み、労働の中心となる生産年齢低人口の減少が予想される日本なら、このような規制緩和は「あり」だと思います。「これからはグローバル化!」と言われますが、海外進出だけがグローバル化ではなく、外国人労働者の受入れなどの規制緩和が実現すると、日本のグローバル化も本物と言えるのでしょう。

 

今回の規制緩和は、東京五輪の建設特需のためのつなぎという“短期”の視点ではなく、少子高齢化を見込んだ“長期”の視点からも提言されていることはポイントだと思います。なぜポイントだと思うのかと言えば、短期や長期の視点は、私の業務であるライフプラン相談の中で、お金の貯め方についても大切な考え方になるからです。