前回は相手の名前の読み方がわからないときの対処方法について、お話ししました。大切なのは特別感の演出でしたね。今回は「名前を忘れてしまった」というときに使える対処方法について、お話ししましょう。

 

「相手の顔は覚えているけど、名前が出ない!」
「この人、誰だっけ」

 

そんな時には、

 

「名前を呼ばずに会話をする」
「雑談の中で誰かが名前を呼んでくれるのを待つ」

 

という方法が一般的です。

 

しかし、名前を確認してボトルをお出ししなければならない銀座では、もっと積極的な対策が求められます。

 

彼女たちがよくやるのが、上着のネームを確認するという作戦。名前が思い出せない時は、とにかく入口で上着を脱ぐように勧めてネームを確認するのです。