日常、写真をよく撮る人にとって、気になるニュースがありました。

写真の撮り過ぎ、思い出薄れる? 心理学研究(国際ニュース:AFPBB News)

 

研究に参加した学生に、博物館のツアーでいくつかの展示品について覚えておくように指示したところ、写真を撮影する人の方が、見学した人よりも覚えていなかった、という結果が出たそうです。撮影に集中してしまう分、積極的に見学して被写体のことを覚えるといったことができなくなっていたのでしょう。

 

さて、僕はこのAll Aboutで「写真撮影ガイド」として活動をし、たくさんの場所を訪れていますが、僕にはしっかりと撮影地での思い出、たとえば被写体そのものや撮影地の雰囲気などが残っています。

 

それは僕が写真を撮るときに、「この構図で撮ろう」とイメージしながら撮っているからです。「撮りたい!」と強く思ったとき、適当に写真を撮ることはしないでしょう。撮りたい被写体や情景を、「どうすれば綺麗に撮れるか」と考えるはずです。そのためには、写真を「撮る」行為だけに集中するのではなく、周りをよく見る必要もあります。

 

特に「思い出に残そう!」と意識しているわけではありません。ただ、被写体を「撮りたい」と強く思い、周りを俯瞰しているだけなのですが、しっかり思い出として残っています。

 

そしてそういった「撮影して思い出が残った」写真は、意外とウェブで共感を得られる写真が多いです(あくまで経験的にですが)。

 

ただ、こうした要素がない写真でも、共感を得られる方法があります。