ローソンがオリジナル商品としては初めてとなるオリジナルアイス「ウチカフェKiSSシリーズ」を発売する。価格は270円(税込)ハーゲンダッツなどと近い高価格帯だ。

 

■高級化、多機能化が進むコンビニ業界
ここ1,2年、特にコンビニの高級化、多機能化の進展は目覚ましい。

 

・セブンプレミアム(お惣菜)の充実
・ローソンカフェ(イートインスペース)の充実
・セブンイレブンやファミリーマートなどのコーヒーの充実
・カップ麺メーカー、有名店とのコラボPB製品の充実
・野菜など生鮮食料品の充実
・住民票を含む発券サービスの充実
・クリーニング受付
・セブンミールなど宅配サービスの充実
・医薬品の充実、薬局の併設

 

例を挙げればまだまだ出てくる。

 

特に昨年はウチ食がブームになった。結果として居酒屋など、外食産業はダメージを受けた。ウチ食を牽引したのはコンビニ。コンビニの食品は多様化し、美味しくなった。その結果、価格が多少高くなっても、外食するより安価なコンビニが支持された。

 

1973年セブンイレブンが日本に登場した当時のキャッチコピー「開いてて良かった」は現在では「日本のおいしい食卓へ。近くて便利」に変わったように、コンビニエンス(便利)だけを訴求する時代は終わり、多機能化しているのだ。