マンションの高層階は分譲価格、家賃ともに若干高くなるのが一般的です。それはそれだけの価値があるから。では具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。高層階の代表的な5つのメリットをご紹介します。

 

■1.眺望が良い

言わずもがなのメリットですね。都心の場合はきらめく夜景、地方の場合は気持ちの良い自然を自宅にいながら存分に楽しむことができます。ただし、隣地に空き地や古屋がある場合は高層建築物が建つ可能性もあるので注意が必要です。

 

■2.騒音が小さい

街にはクルマやバイクの排気音、通行人の会話などさまざまな騒音であふれています。また、夏のセミの鳴き声は強烈です。高層階になればなるほど地面から遠のくため、そのような騒音被害を軽減できます。特に最上階なら上階に住む人の生活音も気になりません。高層階は自宅で仕事をする人などにはオススメの条件になるでしょう。

 

■3.日当たりが良い

特に周りに建物が密集している地域ほどありがたいメリットです。低層階は日照時間が短いことで洗濯物が乾きにくいだけでなく、湿気がたまりやすい傾向があります。何より日当たりの良い部屋は気持ちがいいですね。