JR東海は、2013年12月19日の社長記者会見で、2015年春にも東海道新幹線をスピードアップさせ、東京~新大阪間の時間短縮を図ると発表した。同区間の最高速度は現在、時速270km/hだが、その引き上げを年明けに国土交通省に申請する。但し、具体的にどの程度のものなのかという数字は公表しなかった。

 

現在、東海道新幹線を走行している主力車両であるN700系の最高速度は300km/hだ。しかし、それは軌道状態の良好な山陽新幹線での話で、最初にできた東海道新幹線では無理だと言われてきた。理由は、カーヴが山陽新幹線に比べると緩やかではないこと(最大曲線半径は東海道新幹線=2500mに対し、山陽新幹線=4000m)、勾配もきつい(最急勾配は東海道新幹線=1000分の20に対し、山陽新幹線=1000分の15)といったものである。これらを改良するには抜本的な工事が必要であり、時速300km/hをクリアするのは不可能であるというのが定説であった。また、それゆえ大幅なスピードアップを目指すために、あえてリニア新幹線を建設するというのがよく知られた事実であった。

 

 

というわけで、最高速度の引き上げといっても、せいぜい5ないし10km/h程度が限界であろう。それでも、現在、最速で東京~新大阪が2時間25分かかるところを2時間20分くらいにするだけでも、イメージ的に競争力で優位に立てるのではと考えているのではないだろうか。