あれは私がつわり真っ最中だった頃。「エブリデイ、ほぼ、トイレに住んでいた」と言っても過言ではありませんでした。

 

よって、トイレの居住環境快適化は喫緊の課題でして、私は快適にリバースできる美麗トイレを目指して、吐き気の来ない時間はせっせとトイレ掃除に勤しんでいたわけです。

 

そもそも、トイレには神様がいますよね? なんて話はすごい有名ですし、昔からトイレ掃除を頑張ると可愛い赤ん坊が産まれてくるとか、金運がツクとか、良い話しかありません。

 

私は風呂掃除をするならトイレ掃除がしたい。トイレ掃除ほど、ビフォーアフターが分かり易くてスカッとする掃除場所もありません。だいたい狭いから、すぐ終わっちゃうし。汲み取りでもなければ臭さもたかが知れているし、なんだかんだ全部水に流せるし。

 

ええ、実のところ、個人的には、「トイレ掃除をしたくない」とか、「できれば忌避したい」とかいう気持ち自体が、よく分かんなかったりします。