正直な所、衝撃を受けました。

 

こういったスキルを学ぶのは単に将来に役立つからというだけではありません。

我が国の将来に必要なのです

我が国が最先端をゆく国であり続けたいのであれば、私達の生活を変えてくれるような、ツールや技術を習得した、あなたたちのような若い人が必要なのです。

 

大統領が、直接的に自国の将来に必要だからと語りかけた事に衝撃を受けたのです。

 

この20年で世界は大きく変わりました。
ビジネスのインフラが変わり、人々の生活が変わりました。
モノで直接解決するしか無かった事が、情報という形の無いもので解決されていくようになりました。
モノづくりの現場も当然のようにIT化が進み、もはや切っても切れない世界になっていることは明白です。

 

世界をリードするアメリカが、プログラミングを学ぼうという声明を発表する。これには大きな意味があると思います。