ポール・マッカートニーさんの日本公演で一部撮影が解禁されたそうです。ただ、マナー違反で、周りのファンが不快に思うことがあったようです

 

私自身、ロックバンドのライブを通算100本以上観戦し、クラッシック音楽の演奏会は演奏する側として50回以上舞台に上がっております。以前に同じように撮影を解禁したライブがありました。その時は、撮影可の時間をあらかじめ区切って、それ以外は撮影不可としていましたので、今回のようなトラブルはありませんでした。ですから、もし、解禁するにしても、いつでもOKというはありえないかと。

 

といいますのも、デジカメやスマホ等でのカメラシャッター音は、静かな曲であれば当然気に障ります。また、小さい箱であればファンの行動を制御することもできるでしょうが、大きい会場であれば、ほぼムリですね。誰かは必ずマナー違反してしまうことでしょう。とすると、せいぜいできるのは、最初の1曲目だけ撮影解禁にし、それ以降は撮影できない旨を事前に&ライブ中に伝えることは最低限必要か思われます。そうでなくても自主的にマナーは守りたいものです。ただ、ロックバンドのライブで判断が難しいことがいくつかあります。

 

・座席のある会場で、果たして、ずっと立ち続けてよいか?(後ろの人が見えにくい?)
・歌手と一緒にファンが歌ってもよいか?(勿論、歌ってよい場面はあるが、それ以外は?)
・喫煙可の会場で、公演中も喫煙してよいか?
・公演中に退席してよいか?

 

などは、かなりグレーゾーンと言えますが、周りのファンに迷惑をかける可能性のあることは是非自粛したいものです。