先ごろ、ひったくりの被害に遭った女性が、バッグに入っていたスマホをGPS(全地球測位システム)機能を使って、家族とともに追跡。犯人を見つけ出し、警察に通報、緊急逮捕に至りました。

 

ひったくりの被害に遭った女性たちに取材をしたことがありますが、ある30代の女性は「奪われてなるものかと、必死で追いすがった」そうです。とはいえ、男の力、バイクの速度にかなうわけもなく、バッグは持ち去られてしまい、悔しかったとのこと。

 

しかし通報でやって来た警察官に、「怪我をしたり、最悪、死んでしまうケースもあるので、無理に追いかけないように」と注意されたそうです。実際、過去には追いすがったり、運悪く転倒し大怪我をしたり、亡くなってしまった事例もあります。

 

盗まれてなるものかと追いかける――たとえば、自宅に帰ったら泥棒に遭遇した、目の前を窃盗犯が走って行った、などと「泥棒」に対して、このように追いかけたり、立ち向かったりすることにはリスクがあります。相手が刃物でも持っていれば、最悪の事態さえ想定できるのです。

 

自分の命と奪われたものを比べてどうこうというよりは、人によって、とっさの行動と結果には差があるということです。武道の心得がある人、足の速い人、ラグビーやアメフトの選手など、人によっていざというときの動きとその結果は違うでしょう。

 

ひったくりは、とても身近な犯罪です。自分ならどうするか、を考えておくことはとても大切です。特に「被害者の約9割は女性」です。

 

なぜ、女性ばかりが狙われるのでしょうか? これは男性が財布を身に付けていることが多いのに比べて、女性は財布をバッグに入れているからです。歩いている女性がバッグ等を持っていれば、ほぼ100%の確率でその中に財布が入っています。そのため、女性が狙われているのです。

 

では、ひったくりに対して、どうすべきなのでしょうか?