師走である。「師馳す」とも書かれるように、お坊さんや師匠が走るのだ。今年は、全国各地の「先生たち」が本当に走り回った。

 

ひと段落つけば忘年会である。いくら景気が悪いとはいえ、今年の憂さを晴らし、来年への希望のための乾杯が私たちには必要なのだ。

 

ちなみに、12月の季語に、熱燗、玉子酒、生姜酒がある。料理には、のっぺい汁、寄鍋、鍋焼、おでん、湯豆腐、などが並ぶ。これ、まさに、忘年会のイメージ。食材にも、鯨、河豚、鮟鱇、鮪、鱈、鰤、海鼠、牡蠣……とおいしそうなものが並ぶ。

 

これらからイメージできるのは「和」「お座敷」。そういえば最近、個人的にもどうもお座敷宴会が多いんだなぁ。正直、お座敷、疲れるんだなぁ。今回は、女性のための疲れないお座敷宴会の服装マナー、考えてみよう。