恋愛アンケートの結果を見て気づいたこと。男性への質問で「この女性とは付き合いたくないと思ったセリフはありますか?」という質問に「ある」と答えた人は61.2%でした。

 

そのなかでも一番多かったのは「友達の悪口」に関すること。いつも仲良く一緒にいるのに、その子がいなくなったとたん、「あの子、うざくない? 化粧もケバいよね」「センス悪すぎ」など、外見や容姿のことを悪くいう姿に男性はガッカリしたり、嫌悪感を抱いたり。「かわいいな」と思っていた女の子の、そんな黒い一面を見て余計に引いてしまうようです。

 

女性が男性の前で「友達の悪口」を言うというシチュエーション。普段、家族や友達と一緒にいるときと同じようにその男性の前でも言いたいことを言わせてもらうというノリだったり、恋愛対象としても見ていない可能性もあります。自分自身の外見や容姿に関してとても気にしていて、チェックが厳しすぎるから他人に対しての評価も辛口になってしまうことがあるかもしれません。

 

でも、逆の立場になって考えてみると、「いいな」と思っている男性が、自分の友達のいないところで「アイツ、本当に服の趣味も女の趣味も悪いよね」とか「誠実そうに見えるけどチャラくて遊んでるよ」とか、悪口を言っていたら、どう思うか。また、男性にしてみたら、悪口でなくても、女性のファッションセンスやメイクの仕方、太っている痩せているなど外見の微妙な話題を振られても、普通答えに困ります。

 

かわいいのに、美人なのに、女友達は多いのに、なぜ恋愛がうまくいかないのか……。もしかしたら、理由は

 

(1)ガールズトークのしすぎ
→男性にも女子のノリを自然に求めてしまっている

 

(2)自分にも他人にも厳しすぎ
→とくに外見やおしゃれに関して完璧を求めている

 

(3)相手に共感を求めすぎ
→基本、自分の考えに他人は同調してくれるものだと思い込んでしまっている

 

この3つのことが当てはまるかもしれません。