謝罪する必要があるとしたら、相手に対してすればいいこと。世間に向けて謝罪する必要はないでしょう。何でもかんでも「とりあえず謝っておけばいい」という姿勢を、つい感じてしまいます。

 

そのような背景には、「芸能人至上主義」みたいなものがある気がしてなりません。芸能人も一人の人間。その人が何をしようと、直接被害を被ったのでなければ、静観するという余裕は日本人にはないのでしょうか。彼らに過度な期待を抱くのは間違っています。

 

謝罪会見を含め、芸能人のブログやツイッターの炎上などどうてもいいことがニュースになる日本は、世界から見るとちょっと異質かもしれません。同じ日本人として何だか恥ずかしいです。いわゆる平和ボケなのでしょうが、もっと伝えるべきニュースを発信してほしいというのが本音です。