純米酒に醸造アルコールを「混ぜて」販売するのは、本醸造酒を純米酒と偽って販売するのとは、もう一段次元が違うというわけです。リキュールとして販売しなければならないものを、日本酒として売ったということになってしまうのですね。

 

これが「添加」ならOKで、「混ぜる」ならNGということの意味になります。

 

というわけで、ツッコミを受けて富久娘酒造の親会社であるオエノングループのお客様センターに、問い合わせのメールを出してみました。日本酒に詳しくない人の報道でそういう表現になったのか、本当に「混ぜて」いたのか。どちらなのかを尋ねてみたのです。返事が届き次第続報をお知らせしていきたいと思います。