少し前の記事になりますが、以下のような記事がありました。

 

育児休業給付増額、賃金の67% 当初半年間、男性の取得促す

 

現在の育児休業給付金は休業前賃金月額の50%となっていますが、それを当初半年間だけ67%にしようということのようです。

 

というのも、男性の育児休業取得を促したいとか。

 

ちなみに、『男女共同参画白書 平成24年版』によると、平成23年の民間企業に勤める男性の育児休業取得率は2.63%。子どもが生まれたという人が100人いて、育児休業を取得するのが2~3人ですから、いくら何でも少なすぎますよね。

 

男性が育児休業を取得しない理由の1つは“収入の減少”と考えるなら、当初半年とか期間を区切らず、50%を67%になんて細かいことを言わず、育児休業期間中ずっと、休業前の賃金100%を育児休業給付金で支給すればいいのになんて思ったりもしています。

 

男性も育児に参加させ、子どもを育てやすい環境を作り、少子化に歯止めをかける。それが今回検討されている「育児休業給付増額」の理由だと思いますので。