結論から言うと、仕事のやりがいは必要だと思います。会社側も社員がやりがいを設定できる仕組みを導入できれば、社員一人一人の士気が上がり会社全体のムードがよくなるのではないでしょうか。

 

ただ一方では、なぜ会社が社員のやりがいまでケアしなければならないのか、やりがいは自分で見つけて頑張るのが普通だろうという主張もあると思います。確かに、それも一理あるかもしれません。

 

しかしその思い込みが、30~40代のサラリーマンに仕事にやりがいを感じられないという回答が多かったという調査結果に出ているのではないでしょうか。

 

社員は何も“大それた”やりがいを仕事に求めているわけではない気がします。例えば、「自分の仕事が社会に影響を与える一部につながればいい」とか、「自分の仕事をしっかり評価する仕組みがあり、仕事の結果が給与や待遇にちゃんと反映される」という考えもあると思います。また、「海外で英語を使って仕事をしている自分」の姿にやりがいを感じる人もあるでしょう。