企業での社員の在り方で、先日閣議決定された成長戦略の中で打ち出された「ジョブ型正社員」制度が注目されています。今までのように、職務の全ての条件を企業側が決める「メンバーシップ型」と異なり、一部の選択権を社員が持つというものです。

 

「ジョブ型正社員」となると、職務や勤務地を自分で決めることができるようになります。そうすると、希望を出せば転勤も部署移動もなく、その会社にいる限りずっと同じ仕事をし続けることが可能になります。

 

特定の職務を追求できることから、この制度は先日の「会社に入りたい?それとも仕事がしたい?」で触れた「就社型」ではなく「就職型」のタイプの方にとっては利用する可能性が高い制度となることでしょう。また、ずっと特定の職務を行うことから、その道のスペシャリストとなりやすいので、自分の特性を活かした場所さえ見つけることができれば「時代の流れよりも、特性重視が生き残るコツ!」で書いたように、組織の中で生き残り続けることができる可能性が高くなるはずです。