今年ももう少しで本格的な就活の時期になりますが、日本人学生は、アジアトップ校学生と比べて就社意識が高いことが「アジアトップ校学生モチベーション調査」で明らかになりました。さらに同調査では、日本人学生は上司に面倒をみてもらうという意識が高いという結果も明らかにしています。上司に面倒を見てもらいたいという結果からも、日本人の就社意識が高いという調査結果は正しいと言えそうです。

 

ここでいう「就社」とは、「会社」に「就く」ことを指し、仕事をすることを目標にするのではなく、会社に入ることを目的とすることをいいます。

 

就職活動においては、会社に入ることを目的とする「就社」を目指す場合と、仕事をすることを目的とする「就職」を目指す場合とでは、活動の仕方が異なるので注意が必要です。就社を一番の目的とする場合は、入りやすいところや長くいられそうなところなど、居心地の良さがポイントとなります。それに対し、就職を一番の目的とする場合は、どんな事業を行っているか、そこで何を学べるか、がポイントとなります。