副都心線に乗り入れて以来、できるかぎり、東急東横線渋谷駅を使わないようにしている。

 

その理由としてはもちろん、乗り換えが面倒ということが挙げられるが、それ以上に、渋谷駅で地震に遭遇という事態だけは避けたいと思うからである。

 

東横線ホームから地上にあがるためには、ただでさえ、行列ができる。さらに構内ではどっちに行けばいいのか、未だに理解できていない人が多く、右往左往が続いている。ホームから改札まで行っても、そこから地上に行くのに階段一直線とは行かず、あっちに曲がり、こっちに上りと、いくぶん慣れてはきたものの、複雑怪奇はいまだに続くし、これからも延々続く。

 

もちろん、渋谷駅以外の場所でも、地震には遭遇したくはないが、とりあえず、ご近所で比較的滞在している可能性が高いいくつかの場所のうち、もっとも避けたいのは渋谷駅なのである。