病院の看護師さんが、仕事を続けながら自分磨きができる制度ができたそうです。ワーキングシンデレラというそうですが、いいですね。

 

自分磨きをしたくても、仕事が忙しくて中々できないというお話をよく聞くので、とても良い取り組みだと思います。しかも、自分磨きの最中もお給料をいただけるということでしたら(ボーナスは減るようですが……)、安心して色々なことに取り組めます。

 

雇用側としても、実質の負担増なしで従業員がスキルアップをしてくれるなら、制度の利用価値は大きいのではないでしょうか? 自分磨きのための時間を取りたくても取れない方も多いようですので、これから多くの企業に波及していくといいですね。

 

ただ、この制度は使い方がとても難しそうな気がします。リフレッシュのための長期休暇なら取得者がどのように利用しても自由ですが、”自分磨き”のための休暇ということならそうもいきません。単純に3ヶ月間の有給休暇があると思ってしまっては、せっかくの制度も台無しです。最初の数日程度は疲れを癒すために使っても良いのでしょうが、その後は時間の有効活用が必要となります。

 

この制度のために、ボーナスが減額されるとのことですので、利用する側も単なる長期休暇として捉えるのではなく、まとまった時間がないとできないことにチャレンジしてみることが必要です。