【喫煙率は男性横ばい、女性は微増…厚労省のもくろみ外れる?】
(「あなたの健康百科」より)

 

厚生労働省は12月6日に、2011(平成23)年の「国民健康・栄養調査」の結果概要を発表しました。それによると習慣的な喫煙者の割合は全体で20.1%で、前年より0.6%の増加。男女別でみると、男性は32.2%で前年比0.2%増と横ばい、女性は9.7%で前年比1.3%増とちょっと増えました。2010(平成22)年に大幅な値上げが行なわれましたが、とくに大きな影響は見られないようです。

 

厚生労働省のページには、過去の成人喫煙率の変遷が年代別に載っています。

成人喫煙率(厚生労働省国民健康栄養調査)

 

1989(平成元年)には、成人男性の55.3%が喫煙者だったんですね。とくに20代の若者と60代以上の高齢者の喫煙率が、激しく減っています。女性は、平成に入ってからは8~12%のあいだを行ったり来たりしています。年代別でみると、若い年代の喫煙率がやや上昇傾向にある感じでしょうか。

 

この20年ぐらいのあいだに、たばこを取り巻く環境というか、たばこに向けられる視線はずいぶん変わりました。たばこは完全に悪者にされ、喫煙者は肩身の狭い思いを余儀なくされています。あらかじめ申しあげておくと、私自身は昔からたばこを吸ったことはありません。ただ、べつにいっしょにいる人がたばこを吸うのはイヤではありません。何がイヤかというと、たばこに対して露骨にイヤそうな顔をしたり喫煙者を悪しざまに罵ったりする人がイヤです。