先日トルコの世界遺産カッパドキアにて、日本人女子大生2人が殺害および重傷を負う事件が発生しました。トルコでは年初にも一人旅のアメリカ人女性が殺害されているほか、2007年にはスウェーデン人女性、2010年には日本人女性へのレイプ事件も発生しています。

 

こうして見ると海外旅行は楽しい反面、常に危険と隣り合わせ!ではどうすれば危険を少しでも回避することができるのでしょうか? オーストリアに住んで改めてわかった、日本人女性が海外で犯しがちな危険なポイントを9つにまとめてみました。

 

【キケン1】渡航先の安全情報をちゃんと調べない
宗教戒律の厳しい国や政情の不安定な地域、貧しい発展途上国にはそもそも女性一人や女性同士で出かけない方が賢明。是が非でも訪れたい場合は団体ツアーを利用したり、政情が収束するまで待ちましょう。

 

日本では随分マイルドに報道されているものの、インドで頻発している残酷なギャングレイプ事件の真相を知ったら鳥肌ものですし、イスラム圏ではレイプ“被害者”が逆に逮捕される事例もあります。渡航先の情勢は必ず事前に調べましょう。

 

【キケン2】大使館・領事館の連絡先を調べず携帯もしない
私はヨーロッパ在住のため、昨年うっかり反日デモを知らないまま中国に渡航したら、命の危険を感じる憂き目に遭いました。慌てて各地の大使館・領事館に連絡を取ったところ有用な情報を教えて貰えました。

 

ハプニングがあった際には的確なアドバイスが貰えるので、いざという時のために住所と電話番号を調べて、常に持ち歩きましょう。

 

【キケン3】日本人であることが丸わかり
未だに「日本人=小金持ち、騙しやすいかも」と思われてる節があるので、無国籍の女性を目指しましょう。

 

日本人女性の典型的な外見上の特徴としては、緩やかウェーブの茶髪、日に焼けていない肌、チューリップ型の帽子、ピンクベージュ系のお嬢様ファッション、カラーコンタクト・ジェルネイルにまつ毛エクステンション、レスポやラシット等のナイロンバッグ、背を丸めてひょこひょこ歩く、人と目を合わせない、日本語のガイドブックや地図を手にもって歩いたり、路上で無防備に広げる等々。

 

このような行為やファッションは「旅慣れていない日本人」とのレッテルを自ら貼っているようなものです。