「ホメて伸ばす」と言われるが、言葉の本質を取り違えているのではないか。頑張ったこと、小さな成果に対してホメることで、さらなる“やる気”を出させようとするのが、本来の言葉の意味である。

 

ホメる要素がないのにホメると、図に乗るだけである。数多くの叱責の中でホメられてこそ、やりがいとなるのである。

 

いまの若い上司も、ものごとの本質を見ずに、上っ面の知識だけで行動しようとするから、「ホメて伸ばす」をストレートに実践してしまい、後悔することになる。

 

人の本質など、昔も今も変わりはしない。叱る時は叱り、ホメる時はホメなければならない。叱られてやる気を失うのなら、やめてもらえば良い。職を探している人の中には、叱られても歯を食いしばり、やる気に満ちた人はたくさんいるはずだ。

 

ホメられたいだけの人には、早く見切りをつけ、やる気のある人をどんどん中途採用すれば良い。