先月のことですが、子供向けの金銭教育セミナーで1,000円の重みを体感してもらおうと、1円玉を1,000枚用意するため、M銀行へ両替に行きました。

 

窓口で両替を頼むと、1枚の1,000円札を1円玉1,000枚に交換してもらうのに、630円かかると言われました。つまり、1,630円払って、1,000円もらうということです。

 

思わず、「手数料がかかるんですか?」と驚いて聞くと、「両替機ですとキャッシュカード1枚につき、50枚まで無料で両替できます」とのことでした。そんな話を個人ブログに書いたところ、元銀行員の友人から「銀行にとって手数料は収入の柱だからね」なんてメッセージをもらいました。

 

低金利のご時世ですので、融資金利と預貯金などの預かり金利による金利差で収益を出すのは、なかなか難しいということのようですね。