と、結論を出したところで、私個人の意見を少々。

 

最近の日本人はああだこうだなどと言われていますが、それでも日本人は企業にとって素晴らしい人材だと思います。現場力、コミュニケーション能力、マナーの良さは抜群ですし、何より愛社精神というものを持っています。

 

ブラック企業と言われる会社で働いている日本の友人に、「訴える社員はいないの?」と聞いたことがあります。日本の友人の答えは「何だかんだ言ってもお給料をもらっているわけだし、働いている人に迷惑かかるから(訴えない、訴えられない)」でした。

 

一方、中国では先日、アルバイトが世界の大企業を相手に勝訴したことがニュースになりました。こちらの人の多くは自分をしっかり主張し、“泣き寝入り”しません。

 

ブラック企業は肯定できませんし、企業は社員に甘えてはいけないと思いますが、こういう日本人がいるからこそ、日本は底力がある国なんだと思います。