先日もこんなことが…。ちょっと息抜きのつもりで入ったカフェ…静かにコーヒーでも飲んで、ちょっと書き物でもする予定が、すぐ間近の席に、賑やかなおばちゃん集団が流れ込んできたことで終了! おばちゃん軍団は、別にわたしの事なんて見てやしないんだろうけど、数の力に圧倒され、「あ~、なんでこの席選んじゃったんだよぉ~」と自己嫌悪に陥りました(コーヒー代返して~)。

 

悔しいけど、自分の息抜きと作業はあきらめて、おばちゃんたちの会話を聞くというモードに切り替え(あのう、決して盗み聞きではありません。聞こえちゃうというのが正しいです)。

 

「だんなの残業代が減って困るのよねぇ」
「この不景気じゃ、娘の結婚資金なんて、どうにも出せんわ~」

 

ふむふむ、アベノミクスはまだまだ来てないな…。こんな生の声? は家計相談に絶対役立つことがあると、もう無理やりテンション上げた次第です。