「仕事中はうつ状態だがプライベートでは元気」という、“新型うつ”に悩む20~30代サラリーマンがここ数年増えているそうです

他人に伝わる分かりやすい症状がないために当事者にしか分からないつらさがある心の不調。“単なるワガママ病なのでは?”と思われることも多いようです。社会はもっと理解をすべきなのでしょうか。

 

 ※関連記事:朝日新聞サンケイビズダイヤモンド・オンライン