京都大学の食堂には、孤独な学生専用の「ぼっち席」がある。そんな話が、ネットで話題になりました。テーブルの中央についたてを立てて向かいの人の顔を見えなくすることで、1人でも座りやすいように配慮したこの席を学生たちは「ぼっち席」と呼ぶそうです。いわゆる便所飯をする学生を救済するためという話もありますが、わざわざ「ぼっち席」を設置する必要はあるのでしょうか?