今後女性のエンジアニアは増えていくだろうか? 残念ながら「難しいでしょうね」。いろんな意味で男性より高いハードルを超えなければならない。水口さんもフレッチャーさんも飛び抜けて優秀なのだったと思うが、本当の評価は次に担当する車種で決まると考えます。

 

男女差別をしているのでなく、向き不向きの問題なのだった。興味深いことに開発現場は常に受け入れ体勢を整えている。女性を拒絶しているのでなく、飛び込んでいる女性を待ってます。やる気のある人大歓迎状態。しかもあまり期待していない。ダメモトだと考えているワケ。

 

ということで、もし女性で技術系を希望しているのなら、ぜひともチャレンジしたらどうだろう。損をすることもあるかもしれないが、熱意さえあれば必ず克服出来ると考える。

 

■国沢光宏記事一覧

トヨタvsホンダのHV競争

ダットサン登場!

アシアナ機事故とアイサイト

誹謗中傷のゾンビ”は相手にしない

韓国勢正念場

燃料電池縮小へ

子連れイベントが自動車産業を復活させる

救助費用は税金でまかなうべき。海の上は「お互い様」

ご当地ナンバーは激しく中途半端!

自動ブレーキが当たり前の時代が来る!