女子学生の5割、就活「女性で損」

こちらのテーマに関してですが、私は(一応)仕事をしている女性という立場として、「仕事をしていく上で女性であること」は、「B. 得することが多い」であるように思います。特に「女性目線」という武器を使って仕事ができる環境では。

 

たとえば私は以前、広告代理店でスキンケア化粧品の担当をしていたのですが、新人当時、代理店側の人間もクライアントの担当者も、私を除き、全員が男性、しかもオッサンでした。

 

オッサンは、スキンケアをする女子の気持ちなんて、ぶっちゃけ全然わかっていません。なので、「女子はスキンケアに対して、こんな想いがあるんです」と伝えると、「ほほぉー」と感心されることもよくありました。

 

通常、オッサン達の中で新人の発言なんて、なかなか聞いてもらえないことが多いように思うのですが、「女性だから」という理由で意見を尊重してもらった、というのは得だったなぁと思います。