自由業で働いている私にとっては、正直、働くうえで女性であることにあまりハンデは感じていない。ただこれは少数派で、大多数の働く女性は企業で働いるだろう。そのような前提で「女性が社会で働くのは得か損か」という議論になると、「損」であることの方がまだまだ多いのではと認めざるをえない。

 

それは体力的な問題であったり、結婚・出産でなかなか仕事のみに集中するのが難しかったりと、単純に女性をとりまく労働環境や物理的条件がまだまだ厳しいという理由からだ。

 

ただそういった“ハンデ”に対してあまりある努力や能力、才能を持ち合わせていれば、全く問題ないとも考える。「女性が社会でなかなか認められないのは、女性に対する社会や企業からの偏見であり、自分たちには全く責任がない」とその状況に甘んじてしまうのはとても危険だ。

 

確かにハンデはあるが、それを補える要素やチャンスもまたあるのだということを忘れてはならないし、それに対して努力やアピールをすることもまた大事なのである。