就活において、「女性は損だ」と感じた女子学生は5割。「女性で良かった」と感じた女子学生は4割。そんな調査結果がある。つまり、損することもあれば、得することもあるということ。

 

男女雇用機会均等法ができたとは言え、損得があるうちは、まだまだ男女平等とは言えない。損も得もなくなった時に初めて、平等であると言える。だが、現実社会は平等には程遠い。ならば、得することもあるという“女性”を武器にすれば良い。

 

企業も女性ならではの視点を求めている。さまざまな場面で、購買の決定権は女性にある。だとすると、売る側も女性の視点で考えなければならない。そこに、“女性”を活かせる仕事がある。

 

「女性は損だ!」と、シュプレヒコールしたって、世の中は変わらない。女性は素晴らしい、女性でなければ、と思わせるように、実践してみせるしかないのである。やっといま、女性の活躍が目立ち始め、その下地が整いつつある。

 

男性と張り合っても、現状の社会システムでは不利。女性を活かせる場で、女性ならではの能力をもっとアピールすべきである。