インターネットのアンケートで、女子学生の5割が「女性で損した」と感じた経験があると回答したそうです。逆に、「女性でよかった」というのは4割ほどだったそうです。

 

性別が就職に影響を与えることはまだまだ多いようですね。たしかに、女性には男性にない「出産の可能性」というものがあり、長期で現場を離れられてしまうかもしれないと思われてしまう面では不利でしょう。そういう意味では、仕事をしていく上で「女性であること」は損をすることが多いのかもしれません。

 

しかし、世の中には女性にしかできない仕事もたくさんあります。女性のお客様に対する接客業や、一人暮らしの女性宅に訪問する仕事などは、初対面の男性にはなかなかできないことです。

 

男性が損をする環境は、女性にとって有利な環境であると言えます。「内定」という結果をゴールとするのであれば、そういったところを狙うのも一つの方法です。