今回のニュースネタ、就職活動中の女子学生が「女性で損した」と感じる経験をしたという人が全体の5割に達するということです。逆に「女性でよかった」という経験をした人も4割もいるということで、少しはホッとしました。

 

さて、今回のネタですが、「仕事をしていく上で女性であること」は、「A. 損することが多い(見た目で判断されたり、正当な評価がされにくい)」という立場に賛成します。

 

ただ損得勘定は、すっきりと決断を出すのは難しいことが多いです。特に今回は、冒頭に書いたように、損をしたという人と、得をしたという人が拮抗していることもありますから、単純に5割の人が「損をした」と感じている現実で判断……、という消極的賛成でしょうか。アンケート調査をした就職情報会社の担当者も「男子と比べて不利な部分もある」と認めていることですし。

 

しかし、まぁ、セクハラまがいの面接官なんていうのは問題外としても、ストレス耐性をチェックする質問などもあるでしょうし、「損得」ばかりも考えていられません。男女を比較することも、同性同士で比べることも、あまり考えすぎてもなぁと感じますね。逆に、それだけ今の就職活動は大変だということなのかもしれません。