インダストリアルデザイナーの川崎和男さんは、お笑いのDVDを流して仕事をするそうです。頭の良い人は片方の頭で精密なデザインを引きながら、片方の頭で笑ってるということか。常人にはできない、すごい脳の使い方ですね。私、テレビ見ながら原稿書けないですもん。

 

頭の良い人というのは、並行していくつかの案件を上手にこなします。A社の見積もりを立てながら、B社のプレゼン資料を用意して、C社のクレームに対応。

 

私なんて、締め切りが重なったら、ひとつの原稿を書き上げないと、次の原稿にとりかかれません。でも世の中には並行して書き進めて、一気に数本の原稿を終わらせるという達人がいます。スゲーわ。