ある調査によると、仕事中に個人で音楽を聴いている人の割合は21.5%と、およそ5人に1人に達することが分かりました。また、「不快に思う」「やめてほしい」と答えた人の割合は合わせて半数近くにのぼるとのこと。聴いている方は仕事に集中できるなどのメリットがある一方で、話しかけづらいなど周囲とのコミュニケーションに影響も出そう。ビジネスマナーとしてよく思わないという考え方もありそうです。仕事中に音楽、ありでしょうか、なしでしょうか。