いままで選挙運動といえば、「○○候補に清き一票を~」とアナウンスして回る選挙カーや、候補者がスピーカーを持って自分の考えをしゃべる街頭演説がメインでした。つまり、今までの選挙運動は、候補者のことを知るために、有権者が時間を合わせなければなりませんでした。

 

それがネット選挙になることで、有権者が候補者のリアルな情報を自由に収集できるようになります。つまり、好きな時に欲しい情報を手に入れられるようになる、ということです。それだけでも、私達にとって選挙はぐっと身近な存在になるわけで、選挙に興味を持つ人が増えて投票率は上がるはずです。

 

実はこれまでも、候補者はHPやブログやツイッターで自身の情報を発信しているのです。ただし、ネット選挙運動が禁止されていたので、選挙運動期間は更新が禁止されていた、と。でも候補者と有権者が一番お互いに興味を持つ期間に更新できないなんて、変ですよね…。今回のネット選挙解禁で、やっとあるべき姿になったと思います。