こんにちは。家族の笑顔が大好き、スマイルFP事務所の栗原です。このような調査がありました。

東京都60歳以上の雇用確保調査 20代の4割、若者に悪影響

 

60歳以上も雇用確保が必要か?と聞かれたら、私なら「必要ない」と答えます。なぜなら若い世代からみたときに、「60歳を超えたら、引退して自分の好きなことをしていて、いいなー」という印象を受けたいから。あと、「いまは制約あるけど、引退したら、あーなりたいなー」と思える60歳が増えてほしいと思うからです。

 

それに定年になっても働く場を確保するというのも、いくらでも仕事がある状況ならよいですが、いまはそういう状況でもないでしょう。60歳以上ばかりを手厚く保護していたら、若い人たちはどうなるのか? ただでさえ就職難と言われる現在、もっと平等でないといけないのではないでしょうか。

 

今、60歳というと「若い」。まだまだ元気に生活できるはず。もちろん、元気だから働きたい! という気持ちもあるでしょう。でも次世代にバトンを渡すことも、社会を生きてきた先輩の役割の一つだと思いますし、社会を常に活性化していくためにも、若返りは必要です。