ひと昔前まで、酒を扱っているコンビニは貴重でしたが、酒類販売の規制緩和で、いまやコンビニで酒を買うのは日常的な風景となりました。さらに最近では、ウィスキーやワイン、焼酎などいままでコンビニになかったような商品も急速に増え始めたとか。世の中のアルコール消費量が減っているなか、どうしてコンビニでだけ酒が盛り上がっているのでしょうか?

 

■コンビニ お酒も充実
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20121124-OYT8T00221.htm