■明朝体とゴシック体のあたえる印象

明朝体は縦横の線に抑揚がついており、飾りがついています。

ゴシック体は縦横ともに太さに違いがほとんどありません。これがわかりやすい基本的な特徴。では与える印象の違いはいかがでしょう?

 

明朝体が与える印象は【大人っぽさ 洗練された 上品 知的】。また、太さによっても印象はさらに変わってきます。

優雅で繊細な印象を与えることが多いのが明朝体です。そして、可読性に優れています。

 

ゴシック体は【子どもっぽい 親近感 存在感があり目立つ】。


力強さなど、人の目を引きやすくなります。可読性より視認性に優れたフォントです。

 

それぞれ与える印象は正反対ですね。これだけ印象の違いを理解しておくと、フォントを選ぶときに楽かも知れません。