さて、忘年会シーズンですね。

 

コンビニは酒類の販売を強化するために、品ぞろえや売り場を拡大しているとのことです。

ネタ元

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20121124-OYT8T00221.htm

 

みなさんは今年どこで忘年会をしますか?

大きく分けると、誰かの家でやるか、お店でやるかの2パターンのどちらかだと思います。

 

まずはそれぞれのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

 

お店の忘年会のメリット・デメリット

① 注文をするだけで飲んだり食べたりできるので、手間がかからない。

② プロの料理人の料理が食べられる。

③ お酒の種類が豊富。

④ 終電を気にしなければならなく、交通費などが余計にかかる場合がある。

⑤ 時間が限定されていることがある。(2時間など)

 

家で忘年会をした場合のメリット・デメリット

① 自分たちで料理を作れば安上がり。

② 時間が限定されない。

③ 料理をみんなで用意すれば、いろいろな家庭の味を楽しめる。

④ 終電に間に合わなくなったとしても、泊めてもらえる。

⑤ お酒の種類がお店より少ない。

⑥ 片付けが面倒。

 

それぞれ特徴がありますね。

職場のお付き合いなどの忘年会を、自宅でするというのは、現実的になかなかありえないと思いますが、友人同士でしたら、自宅での忘年会の開催をFPはお勧めします。

 

その理由は、自宅だと家計節約の情報交換をするチャンスだからです。

 

おそらくどの家でもそうだと思いますが、みなさん自分たちが暮らしやすいように、さまざまな工夫をしています。

あまりジロジロ家の中を見るのも嫌がられるとは思いますが、これいいな。と気づいた点を家主に聞いてみましょう。

それをきっかけに「私はこんな風にしている。」など、各家庭のさまざまな裏技トークに発展し、有意義な情報交換会になる可能性があるからです。

 

経済的にもお店でするよりは安上がりになりますので、今年の忘年会はどなたかの自宅で節約トークに華を咲かせてみましょう。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

本日も皆さまにとって、実り多き1日であることを心よりお祈りいたします。