ご無沙汰しておりました。

 

パソコンやテレビなど家電を購入すると家電量販店では必ずといっていいほど延長保証をお勧めしてきます。

延長保証っていうのは、メーカーの保証期限が切れた後に故障した場合などに無料修理を保証するもので、通常家電製品の延長保証はメーカー保証期間と合わせて3年または5年です。

家電量販店では購入時につくポイントで加入できるとして保証料も直接支払わないで加入できるとご案内され、多くの方が利用するようになってきています。

 

メーカー保証期間は一般的に1年ほどです。
買ってから1年で故障してしまうのは、そんなに簡単に故障してしまうものではないと思いますので、ほぼ初期不良と言ってよいでしょう。
メーカー保証期限後に故障した場合には有料修理となり、場合によっては高額な修理代がかかるか、買い替えを余儀なくされます。

 

ちなみに火災保険では一般的に電気機械類の故障は補償されませんので、故障リスクに対する備えとして延長保証を利用することで急な出費を防ぐことができ、延長保証もリスク対策の一つと言えます。