先日、自転車専用レーンでのこと。

 

自転車に乗っている若い男性が「こらぁ、自転車専用レーンやぞ」と、そこを歩いている老人を罵倒して、通り過ぎていった。その自転車、歩道を走り抜け、しかも逆走であった。

 

警視庁が、自転車は原則車道走行という方針を打ち出して、久しいが、これが徹底されているとは言い難い。横断歩道脇に作られているこの自転車専用レーンもおかしな話で、これは歩道から歩道につけられているのだ。

 

たぶん、やる気がないのだろう。やる気があれば、直ぐに変わる。たとえば、違法駐車は、都心では取締を強化し、あっという間になくなった。そのせいで、宅配便などは台車での配達に変わった。歩行喫煙も今でもそれ専用に取り締まる人がいて、ターミナル駅周辺ではずいぶん少なくなった。このようにやる気になればできるのだけれど、やっていないというのは、やる気がないのだろ。

 

実は散歩者として、日々街を歩いていると、自転車と歩行者の事故が爆発的に増えるのではないかと予想する。まず、そのスピードだ。これまででは考えられないスピードで疾走する自転車。性能がよくなったというのもあるし、最近は電動の自転車もあって、ありえないスピードで走行していたりする。これまで危ないシーンを何度も見かけた。

 

たぶん、本当に悲惨な事故が起きないと、自転車行政は劇的な変化を見せないのだろう。
悲しいことだ。