横浜ベイスターズが、手続をよく知らないまま、支配下選手を育成選手に切り替える際、単にそのまま新契約を結んだというニュースを見て。

 

今時、支配下選手を育成選手に切り替えるために一度戦力外通告が必要なことは、ある程度日本のプロ野球に興味のある人は誰でも知っているでしょう。

 

おそらく親会社が昨年変わったことに伴い、野球にあまり詳しくない社員が担当で送られたのだと推測できます。

 

確かに球団経営は大切ですが、こうした選手との折衝の場面に素人を持ってくることはいただけません。それならば、ファンクラブ有志などから臨時職員を雇用し、意見集約のための情報整理を依頼すれば、ファンの意思も尊重したチーム作りができます。

 

プロスポーツチームの経営は最後はきわどい収支が成否をわけますが、その収支を支えるのも、チームのことをよく勉強しているのも、多くの場合ファンの方でしょう。

 

下手な素人を経営の重役に置くくらいならば、ファンを臨時に登用したほうが良い。
プロスポーツチームにおいてはそう言われる日が遠くないかもしれません。