この数年、日本人は1台のクルマに長く乗るようになった。

 

少なくとも2000年くらいまで、普通の人で2回目の車検が乗り換えタイミングだったと思う。まだ十分使えるクルマを下取りに出し、新車に変えたワケ。現在の携帯電話に似ているかもしれない。気分転換をしたかったのだ。

 

しかし最近の状況を見ると驚くばかり。車齢10年など当たり前。ちなみにレガシィで言えば先代の初期型や、同じく先代のプリウスなども10年近い。自動車専門誌を読んでいるようなクルマ好きでも同じ。皆さん「欲しいクルマがない」と、10年以上経ったクルマに乗り続けている。

 

なぜか? いくつか理由はある。まず「性能的に進化していない」というもの。なるほど10年前のクルマを見ても、最新のクルマと機能的に変わらず。