根強い大企業志向…学生20万人、中小にソッポ
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/syuukatsu/snews/20121107-OYT8T00320.htm

 

「ゆとり世代の安定志向」とか言う人もいますが…、個人的には大企業志向大いに結構、と思いますけどね。

 

やはり大企業の方が優れている面が多いのは確かですから。
大企業も決して楽ではないのを認識しているかは謎ですが。

 

私は、以下2つの要因から大企業志向は当面変わらないと思います。

 

<学生側の要因>
特別な能力がない学生にとっては、就職は会社員としての身分を得る代わりに、その会社に人生をゆだねるという決断になります。
それなら、明日の存続もわからない中小企業ではなく、大企業に自分の人生をゆだねたいと考えるのは自然なことであります。

 

しかし、キョービ、大企業も安泰ではありません。本当の意味の安泰とはどんな環境でも生きていける能力(=強み)です。
但し、このような能力は教育されて身につくものではありませんし、年端もいかない学生自身に高い自主性をを求めるのも酷でしょう。

 

<企業側の要因>
人事採用担当者が、個人の能力を見極めて採用できれば変わるのかもしれませんが、中途採用も含めて、非常に多くの応募者から、学歴以外の要素で選別する大変さを考えれば、これも酷です。

 

学歴が一番個人の基礎的能力と相関しやすいのは、新卒時です。
だから、大企業としても、手っ取り早く一定以上の能力の人材を確保したいので、就職市場は相変わらず新卒至上主義なのです。

 

これに伴い、選別が蓄積されていく結果、中小企業から大企業への転職は、たとえ能力があっても非常に狭き門で、大企業に入れるのは、新卒時だけの一生に一回のチャンスなのです。であれば、学生がチャレンジするのも当然でしょう。

 

では、中小企業はどうすればよいか。答えはシンプルです。
一定レベルに至るまでの育成は大企業に任せればいいのです。

 

今後も優秀な能力を持て余す人々が、様々な理由で大企業からたくさん市場に出てきます。それを活用するすべがあれば、新卒採用にこだわる必要は全くないかと思います。

 

但し、そのためには、きちんとした処遇と、活躍できるだけの権限を与えて、「場」を作り出せるかが重要と思います。
個人的には「女性」がターゲットかな、と思いますけどね。

 

最後に、アメリカでは最も優秀な学生は「起業」するそうです。
もちろん、社会風土的な差はあるものの、この辺からもう既に後れを取っている気持ちになりますね。